Microsoft launcherがNovaよりも優秀な点3つ

ガジェット

Nova launcherは最も有名なランチャーアプリであり、iPhoneに支配されている日本であえてAndroidを使うみなさんならよく知っているかと思います。AndroidはiOSよりも優れていると思いますが、素の状態では正直iOSの勝ちでしょう。

AndroidがiPhoneを勝るためにはランチャーアプリはもはや必須なわけですが、Microsoft Launcherをおすすめしたいです。このアプリ、Windows Phoneで惨敗したマイクロソフトが作ったとは思えないくらいよくできたランチャーアプリになっています。

①すべての機能が無料

Novaは細かなカスタマイズは有料版が必要ですが、Microsoftなら全部無料です。Novaのほうがカスタマイズできる項目は多そうですが、それいる?って項目がかなりある印象。AndroidのガチプロでなければMicrosoftで困ることはまずないです。

Microsoftランチャーには欲しい機能が詰まっています。

②フィードがめちゃくちゃ便利

フィードというのは、ホーム画面の一番左にスワイプするとでてくるあれです。大抵のフィードではGoogle Nowが出てきますが、Microsoftの場合はオリジナルのフィードが出てきます。

ここにはTodoリストやウィジェットを置くことができます。ウィジェットは便利ですがホーム画面に置くとごちゃごちゃするので、フィードにまとめておけるのは便利でスマートです。

僕はTodoリスト・Googleカレンダー・時間割をおいています。電車の時刻表なんかをおいても便利ですね。ちなみにこの時間割はKWGTで画像をはっつけたオリジナルウィジェットです。

③Windowsと連携がとれる

フィードにはタイムラインというパートがあり、他の端末で開いたタブが瞬時に同期されます。

しかし現在のところ同期されるのはEdgeで開いたタブのみで、Chromeのタブやその他のアプリでは同期されません。この機能、もうちょっと進化したらめちゃくちゃ使いみちがあると思うのでこの先に期待したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました