原付バイクにスマホホルダーを無理やり付けてみた

ガジェット

原付は日常の足として使い、知らない道を通ることが少ないからなのか原付バイクにスマホホルダーを取り付けている人はとても少ないですね。

長年住んでいる街ならナビがなくても運転できますが、僕みたいに知らない街に来た人間にとってナビは必須です。

しかし僕の原付、Let’s4にはハンドル部分にパイプがありません。↓


なので今回はスマホホルダーを無理やり原付きにつけてみて、ちゃんと使えるのかお伝えしていきます!

原付のミラー部にクランプを取り付けるための部品をはめ込むこともできるのですが、夏頃に原付二種に乗り換えたいと考えているので、買うのを渋りました。

なので、非対応のLet’s4に無理やりスマホホルダー取り付けてみました。

非対応の割にはなかなか良く付けられてるー、と思いきや裏面は

ガムテープでぐるぐるにしているだけでした。

黒の車体に茶のガムテというダサさ。せめて黒のマジックで塗れや、って感じですが塗ったところで原付がかっこよくなるわけではないのでしません。

実用には耐えます。スマホ画面の角度が目線よりちょっと下になるのと、ハイ/ロービームの切り替えがしにくいというのがちょっと欠点ですね。本当は縦画面で見たい

ビーム切り替えが隠れちゃう

意外とガムテープで固定するのでもズレません。スマホが落下する気配もないです。

どうやって固定しているかというと、

これは右ハンドル側

このミラー下のゴムパッキンの部分にクランプを挟み、このままだとパッキンごと動いてしまうのでパッキンとクランプ両方をガムテで固定しました。

ダサいけど仕方ないね☆

夏まではこれで耐えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました